マガジンのカバー画像

ポジウィルをつくるメンバーまとめ

19
ポジウィル株式会社をつくるメンバーたちのストーリーをまとめています🌈
運営しているクリエイター

#キャリア

「やりたいこと迷子」が、新たな夢を見つけるまで。

はじめまして!ポジウィル トレーナーの原田晃帆です。 このnoteでは自己紹介として、私のこれまでのキャリアストーリー、そして想いをお話しできればと思います。 一人でも多くの方の心に届きますように。 やりたいこと迷子 「私のやりたいことは、何なのだろう」 遠く離れた異国の地、ザンビア。 アフリカの小さな村の中で、私はただただ部屋に引きこもって悩んでいた。 暗黒の中学時代、抱いた夢 地元に1つしかない中学校は、しょっちゅう窓ガラスが割れ警察が来るような学校だった。

スキ
51

“いい子”のレールを走ってきた私が、自分の人生を愛せるようになったキセキ 【自己紹介】

はじめまして!ポジウィルでトレーナーをしております、若山彩香です。 このnoteでは自己紹介を兼ねて、私のこれまで、そしてポジウィルでトレーナーとして働く理由をお話しいたします。 この社会で生きづらさを感じている人へ、一人でも多く届きますように。 私の生い立ち父は仕事のできる人で、経済的に不自由のない生活をさせてくれました。当時専業主婦だった母は、学校から帰るといつも家にいてくれて、3つ下の弟も素直で可愛い。 客観的に見て、とても恵まれた家庭。なのに私は、いつも何かを恐

スキ
76

「すごいと思われたい」見栄のために生きる自分を捨てて思うこと

はじめまして!ポジウィルでトレーナーをしております中川 淳一朗です。 私は大学卒業後、専門商社での営業、転職エージェントでのリクルーティングアドバイザー、キャリアアドバイザーを経験し、ポジウィルに入社しました。 今回は簡単ですが、私のことを知って頂ければと思い自己紹介をさせていただきます。 自分の気持ちを抑えていた学生時代私は幼稚園から中学校までの約10年間サッカーをしていましたが、実はサッカーは好きではありませんでした。 しかし、親からの期待と友人との関係を気にするがあま

スキ
12

自分の弱さを認め、あえて苦しい道を選んだ先に求めるもの。

はじめまして! ポジウィル株式会社にて、トレーナー・人事(採用・人材開発)として働いております井樋 楓(いび かえで)と申します。このnoteでは自己紹介も兼ねて、これまでのキャリア、ポジウィルで働く思いなどを綴らせていただければと思います! 弱みを見せることが苦手な人・頑張りたいけど頑張れない人・選択を迷っている人・チャレンジしたいけどできない人など、たくさんの方に届いたら嬉しいです! これまでの経歴幼少期から大学卒業までの18年間、プロサッカー選手を目指して、クラブ

スキ
17

目標のない人生も案外いい。 20年間のサッカー人生を捨て、辿り着いた生き方

ここで簡単に自己紹介*紆余曲折があり過ぎて文字にしたら長くなったので箇条書きにしました笑 ・大学卒業後、アメリカでサッカー選手としてプレー ・帰国後に引退し、即渡豪。オーストラリアで教育コンサルタント ・約2年後に帰国し、不動産テックベンチャー企業である株式会社GA technologiesに入社。  資産運用のtoCセールス+チーフとしてマネジメント ・ベトナムで人材紹介(RA) ・ポジウィルでトレーナー ⇦今ここ プロへの切符を捨てて、目標のない人生を踏み出した  

スキ
22

悩み続ける人生だけど、それでも大丈夫だと言えるようになるまで 【自己紹介】

はじめまして!POSIWILL CAREERトレーナーの山下優紀乃です。 今回は私自身の自己紹介とポジウィルで働く思いについてお話しさせていただきます! 振り返ってみたら、これまでずっと悩んでいた人生だった思い返せば、小学校〜社会人までずっとキャリア選択について悩んでいました。 小学生の頃の将来の夢は、ピアノの先生や動物が大好きだったのでイルカのトレーナーでした。 しかし、私の両親は超現実主義者。 「ピアノの先生になるためにはどのくらい練習すればいいのかわかってるの?今の練

スキ
50

人の可能性を誰よりも信じていたい私の生き様

POSIWILL CAREERトレーナーの山口です。 プロサッカー選手を目指していた学生時代から、新卒で就職した銀行でキャリア迷子になった私がポジウィルと出会い、トレーナーになるまでをお話ししたいと思います。 サッカーで取り戻した自分への自信小学校1年生から大学卒業までの16年間、プロサッカー選手を目指してサッカー中心の生活を送ってきました。 小学生では東京都や全国の選抜に選ばれ、中学・高校ではFC東京のユースチームに所属をして、キャプテンとして日本一を経験。大学では関西選

スキ
23

「価値ある人間でいないといけない」劣等感と生きづらさを感じてきた人生【自己紹介】

ポジウィルの鬼塚りかと申します。改めてどんな人生を歩んできて、どんな人間かということを知っていただきたく筆を執りました🖌 どんな人生を送ってきたか簡単に言うと「素の自分では駄目だ」「価値のある人間でいないといけない」と自分に呪いをかけて、ずっと劣等感や生きづらさを感じてきた人生でした。しかも30年近く。 私の家庭環境私が小さい頃から両親がよく喧嘩をしていました。母親は気が強くて口が悪く、父親が怒って言い争ったりモノに当たるというような。 そのため両親が言い争いになる前に

スキ
41

私がいる理由を誰かのせいにしていた日々と、人生の目的を見つけて転職した話。

新卒からお世話になった株式会社リクルートを退職して、現在はポジウィル株式会社にてトレーナー兼カウンセラーとして働いている宮田果奈と申します。 このnoteでは、リクルートとの出会いから退職までの経緯、そしてポジウィルへの入社理由と現在の想いを綴ります。 リクルートは生まれ変わっても新卒で入社したいと思うほど本当にいい会社でした。圧倒的当事者意識を体現しながら成果にコミットされる先輩方、仕事を誇りに思い前向きに行動されるお客様に支えられ、社会人の基礎から徹底的に学ばせていただき

スキ
55

劣等感と戦い続けた私とポジウィルの出会い

無敵の順風満帆人生だと思っていた。自分で言うのもなんだけれど、順風満帆な人生だったんだと思う。 新潟県で希望の高校に進学し、伸び伸びと育った。 無理だと思っていた北海道大学も奇跡的に現役で合格し、そのまま大学院へ進学。 勉強以外では小学4年生の頃からバスケットボールに打ち込み、本気で全国の舞台を目指していた。 その後、新卒で大手日系メーカーブリヂストンへ就職。 2年間技術営業を経験した後、外資系コンサルティング会社 アクセンチュアへ転職。 そんな私がなぜ、ポジウィルに転職した

スキ
164

「競って勝つ」を辞めて、見えたこと。

初めての転職を経験したので、備忘録としてここまでのキャリアについて振り返りをしたい まずは簡単な自己紹介○経歴 ・法政大学卒→レバレジーズキャリア(レバテック配属)→ポジウィル ○どんな人か ・小学校から大学までずっとサッカーをやっていてポジションはサイドバック ・趣味は筋トレで最近はゴルフにどハマり中 ・ロジカルタイプというよりは感情・パッションタイプ 新卒はメガベンチャーへ新卒ではレバレジーズキャリア株式会社という人材系の会社に入社をし、その中でもIT系の人材紹介に特

スキ
113