ポジウィル 公式note
自分の成果が事業の成長スピードへ直結する。採用担当としての覚悟と責任
見出し画像

自分の成果が事業の成長スピードへ直結する。採用担当としての覚悟と責任

ポジウィル 公式note

こんにちは!ポジウィル広報チームです。

今回は、ポジウィルの人事チームで採用担当を務める、「ゴリ」こと金子拓史をご紹介します。

前職の大企業では「仕事も楽しく仲間も好き」という、一見すると最高の環境で働いていたにもかかわらず、なぜスタートアップのポジウィルへジョインしたのか。

そして、採用の最前線で活躍する彼が、いまリアルに感じていることとは何か。直接話を伺いながら、紐解いていきました。

新卒時代の“熱い気持ち”を取り戻すべく、ポジウィルへ入社


ーゴリさん。よろしくお願いします!まずは、簡単な自己紹介をお願いします。

慶應義塾大学を卒業後、「自分の裁量で事業を回したかったから」という理由でリクルートに入社を決めました。そこで人材紹介の業務を行い、リーダーも経験したのち、ポジウィルにジョインしました。

ーもともと、いわゆる経営者的なマインドや視点を持って働きたい、という気持ちが強かったんですか?

そうですね。その気持ちを持って入社したリクルートでは、自分で裁量を持って働けましたし、しっかり成果も出せていました。仕事自体も楽しくて、一緒に働いている仲間も好きでかなり恵まれた環境だったと思います。

ただその一方で、働いているうちに、新卒時代に持っていた「何が何でも自分で事業を創り出してやる!」くらいの熱い気持ちが徐々に薄れてきたのを感じて、寂しい気持ちもありました。良くも悪くも落ち着いてしまって、理想の自分の姿から遠ざかっていくような感覚に、もやもやしていましたね。

画像1

ー会社や仕事が好きな気持ちもありつつ、本当にこのままでいいのかという迷いもあったわけですね。

はい。環境を変えずに働き続けてもいいなと考えた時期もありましたけど、正直その道を歩んだ先にいる自分をイメージすると、「本当にそれでいいのか?」と。

ーそんな状況で、ゴリさんがポジウィルへの入社を決めた理由は何ですか?

理由は大きく分けて3つあります。

まず1つ目は、『熱い気持ちを取り戻せる環境だと思ったから』

スタートアップはこれから事業を柱にしていくフェーズなので、自分の働き次第で会社の今後が大きく変わっていく。そんな環境でもう一度、新卒時代に思い描いていた、自分の理想の姿を追求していきたいという気持ちが強かったです。

2つ目の理由は、『市場価値を高めたかったから』です。

大きい会社にいると、どうしても取り組む業務の幅が限定されてしまうところがあるので、持っているスキルもそれに伴って限定的になってしまいます。そうなると市場価値も高めにくくなって、今後のキャリアの選択肢が狭くなってしまう。

スタートアップだと任せてもらえる仕事の幅が、自分の頑張り次第でどんどん広がっていくので、できることを増やして市場価値を高めようと思いました。

そして3つ目の理由は、『自分の方向性とポジウィルの方向性がマッチしたから』

リクルートで人材紹介をする中で一番やりがいを感じていた瞬間って、目の前の人がベストマッチングな転職に成功して、入社後も輝いている姿を見られたときだったんですよ。

ただ、転職以前に人生の軸とか生き方までコミットできたら、仕事はもちろんプライベートの部分までも幸せな方向へ導けるんじゃないかなって。まさにそんな僕の考えを実現させる事業をやっていたのがポジウィルだったんです。

ーとはいえ、転職をする上で様々な選択肢があったと思います。ポジウィル以外の会社のことは頭の中にありましたか?

まったくなかったです。

代表・金井はリクルート時代の先輩で、そのご縁もあって直接話す機会がありました。実際に提供しているサービスとか今後のビジョンについて聞いていくうちに、ここしかないなと思いましたね。

画像2

「事業の成否は自分にかかっている」という覚悟と責任


ーでは、実際にゴリさんが行っている業務について教えてください!

人事チームの採用担当として、採用に関わる業務を全般的にやっています。実際にやっていて思うんですけど、ポジウィルの採用担当ってサッカーでいうボランチみたいな仕事なんですよね(笑)

ーボランチですか(笑)

ええ、攻撃も守備もバランスよくこなすことが求められるサッカーのポジションなんですけど、まさに採用はボランチです。

ユーザーさんと直接関わりながら、一緒に人生の指針を作っていくキャリアカウンセラーとキャリアトレーナーは言わば攻め。ポジウィルのサービス価値そのものですよね。

そんな攻撃陣を支える守備陣にあたるのが、マーケティングやコーポレートなどの部署。

そして人事は、全体が120%のパワーで動き続けるために必要なメンバーを採用したり、バランスを取るための役割だと感じています。

ーなるほど。ということはポジウィルが120%のパワーを出せるかは、採用によるところが大きいというわけですね。

それこそ、ポジウィルに優秀な方が入れば入るほど、より多くのユーザーさんに寄り添って人生の指針作りをお手伝いできます。つまり、採用の成果がそのまま事業の成長速度アップにつながるんです。

逆に、僕の採用活動がうまくいかなければ事業の成長が停滞してしまう。それはスタートアップにとって致命傷になりかねないので、そういう意味でも覚悟と責任を持ってやっていますね。

ー覚悟と責任…!背負うものが大きい中でも頑張れるのがゴリさんの大きな魅力だと思いますが、頑張れる秘訣はあるのでしょうか?

やっぱり思うのは、シンプルにポジウィルのメンバーみんなのことが大好きだからこそ頑張れているんじゃないかな、っていうことですね。

僕の採用活動が事業の発展を左右するっていうことは、うまくできれば社内のみんなを助けることにも繋がるじゃないですか。

それに、いま社内で活躍しているメンバーは採用プロセスを通って入社しているわけなので、その事実を考えると頑張りたいっていう気持ちが湧いてきますね。

画像3


事業に誇りを持てる人と一緒に前進したい

ー日々たくさんの採用候補者の方にお会いするゴリさんは、ポジウィルにマッチングして活躍できるのはどんな方だと思いますか?

これまではミッションへの共感度を重視していたこともあって、ホスピタリティが高くて人のために頑張りたいという方を積極採用していました。

ただ、それにプラスして「自分はこんな人生を実現させたい!そのためにもここで踏ん張って、やりきることがベストなんだ!」っていう強い意志があれば、ポジウィルでどんどん成長して、活躍できるはずです!

ーそれでは最後に、ポジウィルへの入社を検討されている方にメッセージをお願いします!

人の人生に関わって今後を大きく左右する事業だからこそ、役割やポジションに関係なく大きな責任があります。

ただ、自分たちがやったことにどれだけの価値があるのか、それをユーザーさんからダイレクトに感じられる、やりがいの大きな仕事でもあると思っています。

そんなポジウィルの事業に誇りを持って、一緒に成長していけたら嬉しいです!


★POSIWILL CAREERでは、キャリアの無料相談を実施しています。
「5年後、10年後のことを考えると不安」「転職などキャリアについて誰かの意見を聞きたい」そんな方はまず、無料相談でカウンセラーと一緒にお悩みの言語化から始めませんか。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️
ポジウィル 公式note
「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」キャリアに特化したパーソナル・トレーニング『POSIWILL CAREER』を運営しています🌈プロのトレーナーがあなたの「理想の未来」の言語化と、「やるべきこと」の明確化を支援します。 https://posiwill.jp/career/