ポジウィル 公式note
20代で天職に出会うために、今できること【自己理解編】ダイジェスト
見出し画像

20代で天職に出会うために、今できること【自己理解編】ダイジェスト

ポジウィル 公式note

【こんな方におすすめ】
★自分に合う仕事ってなんだろう?
★自分の強みを活かせる職に就きたい


今の仕事が”天職だ”と思えていますか?

キャリア形成において「20代では専門性を磨こう」といわれるように、できることなら20代で自分の仕事の方向性は定めておきたいもの。

本イベントでは全3回にわたって、天職に出会うために知っておきたい・考えておきたいことをお伝えしていきます!

この記事では、2022年3月23日(水)に開催された第1回目「自己理解編」のダイジェストをお送りします。みんなでつくる仕事図鑑「JobPicks」を運営する小林さん、次のキャリアが見える転職サイト「ONE CAREER PLUS」を運営する寺口さんをお迎えし、3社合同の対談形式で進めていきました。

⭐️ Twitter #自分でキャリアをつくる で視聴者の感想がご覧いただけます
【登壇者】
寺口浩大(株式会社ワンキャリア Evangelist)
小林将也(株式会社ニューズピックス JobPicks BizDev&Growth)
岡千尋(ポジウィル株式会社 POSIWILL CAREER カウンセラー/トレーナー)

自己紹介

20220323_自分でキャリアをつくる_フォーマット

岡:「天職」にまつわる自己紹介をすると、私は30代でやっと天職に出会えました。

もともと「世間的に恥ずかしくないだろう」と銀行に入行したのですが、自分の持ち味を活かせず、2年で早期退職をしています。

はじめての転職では特に「これだ!」と言えるほどやりたいことはなく、「そういえば人の相談に乗る機会が多かったな」とリクルートキャリアに入社。銀行では苦しみながら仕事をしていたんだけど、リクルートに入ってから苦なく結果を出せて、やっていくうちに自信がついてきたんです。、「人の相談に乗る機会が多かったな」とリクルートキャリアに入社。銀行では苦しみながら仕事をしていたんだけど、リクルートに入ってから苦なく結果を出せて、やっていくうちに自信がついてきたんです。

今では自分がキャリアに悩んだ原体験をもとに、日々ユーザーさんのキャリアに向き合っています。

▼岡が関わるサービスはこちら


20220420_自分でキャリアをつくる_フォーマット (1)

寺口さん(以下、敬称略):34歳、社会人11年目、4社目の寺口です。僕も30代になってやっと転職が見つかった気がします。

僕は20代の最初の方は、「仕事行くのつらすぎる」状態だったんですよね。その後、イメージと憧れでIT広告業界に転職したはいいものの、上手く成果を残せず辞めてしまいました。

そのあとに働き方やキャリアに興味を持ち、人材育成支援の会社でビジネスパーソン向けの研修の企画を実施する中で、「そもそも仕事選びのあり方自体に課題があるのでは」と、ワンキャリアに参画しました。

営業、リサーチ、講師、新規事業開発など・・
今までやってみた仕事の中では、PRが天職に近いと思っています。

▼寺口さんが関わるサービスはこちら


20220420_自分でキャリアをつくる_フォーマット (2)

小林さん(以下、敬称略):僕は岡さん・寺口さんとは毛色が違い、春から新卒3年目です。大学卒業後、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」を運営する株式会社ニューズピックスでマーケティングの仕事をしています。

1つの会社で1つの仕事しか経験がないのですが、今の仕事は天職に近いと思っています。一方、「本当にこれが天職なのか?」「他にも自分に合う仕事があるんじゃないか?」という思いもあり、今日はその立場からお話できればと思います。

▼小林さんが関わるサービスはこちら

天職=”自分が苦しくないこと”

20220323_自分でキャリアをつくる_フォーマット (3)


岡:「天職」と聞くと、どこかキラキラした響きですよね。

私も20代は「いつか天職を見つけられたらいいな」と自分探しをしていたのですが、意外と近くにあったんです。

辞書では「その人の天性にあった仕事」らしいのですが、無理なく継続できることの延長に天職はあるのではないかと思います。
自分のキャリアを振り返っても「強烈にこれがやりたい」という仕事より、「やっていて苦しくない仕事」がいつの間にか自分のミッションになったなと。

司会:小林さんが新卒最初仕事で天職を見つけたのは、どのような経緯があったのですか?

小林:僕は正直、消去法でキャリアを選んだんです。そこまで名の知れた大学ではなかったので、基本的に就活は書類で落とされる。そこで、経営学部マーケティング学科の経験を活かして「マーケ職なら、受かるんじゃ!?」と踏み切ったら、けっこう内定をいただけたんです。「僕にとってはここが勝ち筋なのかな」と消去法で選んだら、意外とハマってしまって。

司会:会場のみなさんは「天職」をどんな意味と捉えていますか?

【会場アンケート結果】
「自分だから評価される仕事」
「特長に合った仕事」
「無理せず自分らしくいられる仕事」
「特徴を理解してくれる人たちと働くこと」
「毎日起きるのが楽しみ」・・

寺口:「ありがとう!」「さすが!」とか「寺口さんだからできる仕事ですね!」とか言われながら、だんだん好きになっていくのが天職だと思っています。

その上で、「自然にできること」「頑張ってできること」「頑張ってもできないこと」の3つのグラデーションを解像度高く把握しておくのは大事なんじゃないかと。

よく、「得意なこと」「苦手なこと」で分けたりしますよね。でもそれだと「頑張ったらできるのか」「頑張ってもできないのか」までは分からない。
みなさんもDNAレベルで無理な仕事ってありますよね。僕は「苦手なことを無理して頑張る時間は会社にとっても投資対効果が合いません。得意なことで結果を出してくださいをやってください。」の方が健全な関係だと思います。

スクリーンショット 2022-03-23 20.30.53のコピー

小林:僕は「仕事の仕方が価値観に合っているか」も大事だと思います。

たとえばNewsPicksは記者や編集者が多い職場なのですが、編集者って孤独と向き合う仕事だなって思うんです。ひとつの原稿に向かってひとりで何時間も費やしてものづくりする。その仕事の仕方が合わないと、たとえば「みんなで協力してものを作りたい人」はズレてしまうなと。

イベント概要

司会:天職に出会うためにどんな準備が必要かを、全3回のイベントを通して紹介していきます。今日は①自分の特長を理解することにフォーカスする会にできればと思います。

20220323_自分でキャリアをつくる_フォーマット (4)

岡:私が日々20代のキャリアの悩みを聞く中で「すごい実績がないといけない」「専門知識が必要」と囚われている方が多いのですが、市場で見られているのは「一緒に働きたいと思えるか」です。
なので、これからキャリアを考えるには、そもそも自分がどういう人間か、価値観をもっているか、現職の仕事は他でどのように使われるのかを棚卸しすることが大事です。

今日は、自分はどういう時にエネルギーが湧いてくるのかを整理することで、天職を探すきっかけを作れればと思います。

人生で夢中になった経験と向き合う

20220323_自分でキャリアをつくる_フォーマット (6)

岡:参考図書「セルフ・アウェアネス (ハーバード・ビジネス・レビュー [EIシリーズ]) 」「ハーバードの自分を知る技術」では、自分の”これまでの人生でのベスト”と向き合うことがキャリア選択の第一歩と言われています。
上のワークシートを参考に、自分自身が夢中になれた経験を書いていただければと思います。

同書では、夢中になった経験から浮き彫りになった行動が、その人の無意識レベルでの持ち味だと言われています。さらに、「なぜ頑張れた」のかを把握することで、「自分は何があれば頑張れるのか」がクリアになっていきます。

実際に考えてみた

スクリーンショット 2022-03-23 20.40.17のコピー

寺口さん・小林さんもコメント欄で振り返り

寺口:僕はライブでみんなの感情が一体になって爆発するシーンは夢中になれたなと思います。でも、大人になって、その時の最高値を更新できているのか?といえば疑問を感じるときもあります。

岡:「今、それくらい仕事に夢中になれていますか?」という問いをまさに投げかけようとしていました!人間って本来大人になればなるほど成長すると言われているので、熱量をもてた体験も更新されていくはずなんです。
ライブをしていた当時と同じように、寝食忘れるほどがむしゃらになれているか?は常に問うたほうがいいなと思います。

小林:僕は学生時代のサッカーでよく感動していたな・・と思い出しました。でも僕は小さいころのほうが感受性が豊かだったなという感覚があって。それは単なる老いなのか、今の環境に没入できていないのか、どっちなんでしょう?

岡:当時の感動ポイントが何だったかにもよりますが、その辺はいかがですか?

小林:それでいうと、毎日感動していたんです。チーム一体になって日々成長できていることに感動したり、仲間の偉大さを感じた時などすべて当時のサッカーノートに書いていたのですが、今見返してもいまだに泣けますね。

岡:「日々成長できていると実感を持てていること」に感動するのか、「仲間との一体感を感じた時」に感動するのかでいうとどっちでしょう?

小林:「日々成長できていると実感を持てていること」ですね・・!

岡:そこを主軸に考えた時に、今の環境ってどうですか?を問うてみるとわかりやすいかなと。何をギャップに感じているんだっけ?を考えると、次のキャリアを考える時の打ち手が見えてくるはずです。


おわりに

本イベントでは全3回にわたって、天職に出会うために知っておきたい・考えておきたいことをお伝えしていきます。
第2回目は「職種理解編」。JobPicksの小林さんから、自分に合う職種を見つけるための方法をお届けします🌼「自分の目指す方向性は分かったけど、仕事の種類が多すぎて探し方がわからない...」そんな方はぜひご参加を🙌🏻

▼参加申込は下記のリンクから


🌸 キャリアに関する無料カウンセリングはこちら からご予約できます。「今の仕事を続けていいのかずっと悩んでいる。今年度こそ動き出したい!」「新しい環境でモヤモヤしている‥」というみなさま、この機会にぜひご活用ください!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️
ポジウィル 公式note
「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」キャリアに特化したパーソナル・トレーニング『POSIWILL CAREER』を運営しています🌈プロのトレーナーがあなたの「理想の未来」の言語化と、「やるべきこと」の明確化を支援します。 https://posiwill.jp/career/