「絶対大丈夫。」その言葉を信じ切り、走りきったゲキサポ!転職の記録(体験談)
スクリーンショット_2019-08-20_20

「絶対大丈夫。」その言葉を信じ切り、走りきったゲキサポ!転職の記録(体験談)

こんにちは!
今回は、休職ギリギリの状態の中で出会えた『ゲキサポ!転職』を利用した結果、1ヶ月で人生の軸が決まり、年収が150万円上がった!というみきさんにゲキサポ!転職の体験談を書いていただきました。

文中には実際のトレーナーとのLINEのやりとりも公開していますのでぜひご覧くださいね!

=====

みきと言います。
現在は、家を建てる仕事をしています!(アバウトでごめんなさい)

2ヶ月前の自分にとっては、第一志望に内定し、こんなに楽しく毎日を過ごしているなんて、想像できないことでした。毎日怒られる日々、向いていない仕事に、「どうせ私が悪い」「短期離職だし、きっとどこも受からない」と自分を責めていた毎日を過ごしていたのです。

病む寸前まで追い詰められた、1度目の転職失敗

私は、今25歳で、二度の転職を経験しています。

大学は地方の有名私大。「バリキャリに憧れるけど、結婚してのんびりも暮らしたい。」という、ふわふわした考えを元に就職活動をしていました。
結果、迷いながらも地銀の一般職に内定し、最初のキャリアがスタートしました。

仕事は窓口の営業。そこそこ成績も取れて、充実した日々でした。
そしてふと、「このままでいいのだろうか。このまま銀行にいても、成長できないのでは…」と思うように。(20代の頑張る女子特有な悩みにぶつかります。)もっと頑張りたい!子どもがいても、どこでも働けるような経験がしたい!という気持ちが強くなり、転職を決意しました。

転職先で新しく始めたのは、人事の仕事
銀行時代から、「人の繋がりを大切にして、自分の介在価値を発揮したい」ということを大切にしていたことを理由に選びました。しかし実際は、PC相手の事務仕事ばかり。自分から進んで仕事をしに行く環境でもありませんでした。毎日怒られ、モチベーションなんてありません。「向いていない仕事や環境は、こんなにも辛いのか…」と身にしみて感じました。

「何が得意で、どんな人や環境なら頑張れるか。」
「私が目指していくキャリアは何か。」

転職時、私はそれらを全く考えていなかったのです。

入社1か月が経ったくらいから、「このままだと身につくのはPCスキルだけで、常に上司からどうやったら怒られないで済むのか考える毎日だ…」と案じるように。しかし、当時の私は何も行動できなかったのです。それは、「どうせ何もできない」という強い自己否定感と、「短期離職」の恐怖のせいでした。

泣きながら電車に乗って、「人生終わったし、そもそも終わらせた元凶は自分である」と思う毎日。それでも、周りに迷惑を掛けたくなくて、友人や家族に話すこともできませんでした。

「二歩三歩前に…」ではなく「一緒に併走してくれる」

そんなとき、芽衣さんのTwitterを通してそうだんドットミーを知りました。
合計3回、そうだんドットミーを利用して複数のアドバイザーの方にそうだんをし、「私にはちゃんと活躍できる場所はある!」と感じられるように。少し上昇できたような気持ちを、今でもしっかりと覚えてます。

オンラインでのそうだんに加え、オフラインでのイベントであるリアルそうだん会にも参加。初めてポジウィルの皆さんに会った印象は、「なんて心地の良い空間を作り出すのだ!」ということ。そして、愛がすごいです(笑)「誰でも受け入れていくれる、二歩三歩前に…」ではなく「一緒に伴走してくれる」そんなイメージです。
そして、「ゲキサポ」の存在を知ったのもこのリアルそうだん会でした。

会社をやめることから始まったゲキサポ、トレーナーは彼氏同然?

話を聞きたいとそうだんすると、すぐに電話をいただき、「絶対大丈夫です。一緒に頑張りましょう!」と、とても明るく、何度も言ってもらいました。金額も決して安い訳ではありません。それでも、これは投資する価値あり!と、自分の価値観で判断しました。(実際、転職ができ年収アップしたため回収済みです(笑))

ゲキサポを初めてまず最初にやったことは、会社を辞めたことです!「すごい判断だな!」と思われた方も多いかと思いますが、それも、しっかりとそうだんした上です。親身になって話を聞いてもらい、会社に残るか、現職中で活動をするか一緒に考え、辞める決断をしました。(※判断軸は常に自分です。大切にしていた考えです。)

次に、数年後の自分はどんなキャリア・生活をしていたいか考え、強みや自分の向いている環境を洗い出していきました。職務経歴書の自己アピールに繋がる部分です。数字面や、表現の仕方をアドバイスしてもらい、強みを知った上で、エージェントに会うことにしました。

ちなみに、トレーナーとは、毎日LINEしていました。電話もしました。完全に、彼氏です(笑)

画像1

闇雲に受けても意味が無い。“興味を持った”会社を受けていけばいいと思うよ!

エージェントは、計5社登録をしましたが、1社は断られました。短期離職だから、紹介できる求人がないとのことでした。また、ある1社で、「短期だから難しい。もう仕事は辞めているし、キツいよ」と言われました。それをトレーナーに伝えると、「今のみきさんの気持ちをネガティブにさせることは全くない。楽しんで行こう!だから、そのエージェントさんとは距離おいてもいいのでは?」とアドバイスをもらい、気持ちが楽になったことを覚えています。

次のステップは求人紹介なのですが、4社エージェント合計して約130社くらい紹介をされました。多い!!これが現実なのです…。 

トレーナーからは、「闇雲に受けても意味が無い。みきさんが“興味を持った”会社を受けていけばいいと思うよ!」とアドバイスされ、受けた会社は…なんと5社しかありませんでした。5社に対して、1社1社コメントをもらい、納得感を持って応募しました。しっかりと判断軸を整理し、強みをアピールできた職務経歴書を仕上げていたので、不安はあまりありませんでした。(あと数社受けようかと思ったのですが、まずは気になった5社で様子を見よう…ということになりました。)

結果は... 5社、全通です!!

「見せ方」命の面接。一貫性を見つけ出して強みや気持ちをアピール

「さすがですねみきさん!!大丈夫ですよ、次は面接頑張りましょう」と、トレーナーのサポートのおかげで、無事に面接という次のステップに進むことができました。

面接対策は、トレーナーの元同僚の方を中心に行ってもらいました。実際の面接さながら、自己紹介からみっちりとします。応募企業の面接をものすごく分析されているので、それに併せて的確なアドバイスをもらえます。3日に一回くらい面接練習をしていて、面接対策用のノートは二冊以上になりました。

面接は、「見せ方」命です。
短期離職でも、どうしてそうなったのか…それを一緒に考えてもらい、一貫性を見つけ出して強みや気持ちをアピールできました。面接前に「自分を落とすなんてもったいない!その気持ちで行っておいで」と声をかけてもらい、自信を持って進めた結果…

3社内定!

ここまで頑張ってきて本当に良かったと感じました。
内定をいただいた企業の中には、年収150万円アップのオファーをもらえた企業もありました。

第一志望に“自信を持って”入社

内定が出てからも、たくさんそうだんをしました。
正直、悩みまくっていたのですが、再度自分の強みと活躍できる環境を振り返り、第一志望に“自信を持って”入社することに決めました。「この選択が、すべて正しかった!と思える日か必ず来ますよ。」と言ってもらい、ここがゴールではないのだと、改めて実感をしました。

ゲキサポは、愛をもって、真っ正面からサポートしてくれます

私が常にしっかりと自分を見つめ決断しながら転職活動を進められたのは、ゲキサポのトレーナーのおかげです。正直、SNSなどの情報で「短期離職は無理」と書かれているので、もう何を信じて頑張っていけばいいのか分からない状態でした。あのままだと、また失敗していたかも。

トレーナーは、愛をもって、真っ正面からサポートしてくれます。それでも、大前提なのが、「判断軸は常に自分」だということ。これから自分がどうしたいか、どんなキャリアを進みたいかを一番大切にしてください。トレーナーは、今まで自分がどんな考えや気持ちで進んできたのかを一緒に振り返り、これからどうしたいかを一緒に描き、それに全力で伴走してくれます。

私が頑張れた一つは、自分の気持ちを正直に、トレーナーと「一歩」を何回も重ねたことです。

だから、気軽に、そうだんしてみてください。
自分の価値観に合う、自分の人生のお手本となるトレーナーさんがいます。

ゲキサポ!転職で、人生が大きく変わりました。
一歩って大事!自信がついた!
みなさんも、楽しみながら、成長痛を感じていきましょう!

=====

この記事を書いてくださった方
みきさん

ゲキサポ!転職はこちらから


まずはそうだんドットミーで気軽にそうだん



嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️
「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」キャリアに特化したコーチングサービスを運営しています🌈 プロのトレーナーがあなたの「理想の未来」の言語化と、「やるべきこと」の明確化を支援します。 https://posiwill.jp/career/