「公務員は安泰だよね」に違和感を覚え転職を決意。自信を持ってキャリアを語れるようになるまでやったこと
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「公務員は安泰だよね」に違和感を覚え転職を決意。自信を持ってキャリアを語れるようになるまでやったこと

POSIWILL CAREERの利用を経て公務員から民間企業への納得転職を決めたyutaさん。「公務員だし、スキルがない」と悩まれている状態から納得のいくキャリアチェンジを果たすまでのストーリーを伺いました。

公務員はスキルがないから転職は不利だと思い込んでいた。後押しになった「サポートします」の一言。

ーーまずは簡単な自己紹介をお願いします。

大学卒業後、公務員としてキャリアをスタートし今年で3年目になります。来年の2021年1月から大手企業で働く予定です!

ーーありがとうございます!そもそもyutaさんが転職を考えたきっかけはなんだったんですか?

「仕事をする上で先が見えてしまった」からです。職場にいる20,30歳上の上司を見て「10年後くらいには追いつけるんじゃないかな」「でも、今の仕事をずっと続けていくのもなあ」とぼんやり不安を感じたのがきっかけですね。

ーー公務員は一般的に、「安定しているね」と称えられることもあるのかなと。その安定を捨て、転職を決断するのは相当な勇気が必要だと思います。

私が決断できたのは、「公務員は安泰だよね」という言葉に対して、安心ではなく違和感を感じたからですね。大企業の希望退職募集のニュースや、公務員でも違う職種に飛ばされたりする可能性を考えると、本当の「安定」とは環境に左右されない能力を持つことなんじゃないかと。

ーー最初は自分一人で転職活動を始めたとうかがっています。具体的にはどのような転職活動をしてましたか?

おそらく多くの方と同様、エージェントに登録して求人を紹介してもらっていました。でも公務員という職業柄アピールスキルも無いと思っていましたし、結局何をしたらいいんだろう、と1,2ヶ月悩んでいました。

ーーそんな中で、どのようにしてPOSIWILL CAREERを見つけたのですか?

たまたまツイッターで無料カウンセリングのツイートを見つけて、「これだけ悩んでも進まないし、無料だし、話聞いてもらおう!」と藁にもすがる思いで、勇気を出して予約ボタンを押しました。

ーー実際に無料カウンセリングを受けてみてどう感じましたか?

「公務員でスキルとか何もないのですが、私でも転職できるんですか?」って聞いた際、「スキルがないと不安を抱える公務員の方もたくさんいらっしゃいますよ。yutaさんと同じ悩みを抱えている人も実際に転職成功されているので、ぜひサポートしたいです」と背中を押されたのがとても印象的でした。

画像1

「同じ悩みをエージェントに相談すると、「でしたらこういう求人はいかがですか」と淡々と進んでいくのですが、当時カウンセラーだった岡さんの熱意や力強さが電話越しに伝わってきて、何が正解かわからなかった転職活動に対し、肩の力が抜けたのを覚えています。」

粘り強く転職活動を続けられたのは、負の経験に向き合うトレーニングがあったから。

ーー実際のトレーニングについても聞かせてください。前半は「内面へ向き合うトレーニング」、後半で「転職活動のレクチャー」を行う構成だったと思いますが、受けてみてどうでしたか?

まず自己分析の深さが尋常じゃないなと思いました。幼少期や家庭環境から振り返り、自分の価値観がどのように形作られていったのかをクリアにしていきます。
加えて、客観的な視点でみると、ここに「自分の良さ」があるんだな、という驚きもありました。私は基本ネガティブなので、1人で分析しようとすると主観が入ってマイナスな分析になりがちなのですが、トレーナーの岡さんはポジティブに、自分の強みを引き出してくれました。

ーーなかでも印象的だったプログラムはありますか?

自分の負の体験に向き合う、というプログラムが一番印象的でした。
具体的には、私は大学受験で志望していた大学に行けなかったり、中学校の部活でもっと頑張れたな、といった後悔がありました。その後悔をひきずっているのか、ついネガティブな言動をとってしまう癖があります。
それを放置せず、トレーナーさんと事実ベースで客観的に受け入れ、自分の思いを出し切った結果、過去の経験がだんだんとプラスに思えるようになりました。

ーー負の体験をプラスに捉えられるようになったことが、転職活動に活きたと思った時はありましたか?

とてもありました! 転職活動時「公務員だから、スキルがないから自分はできない」という負の感情がどうしても出てくる時があったのですが、その度に「いや、でも自分はまだできる」「自分にもきっといいところがある」と自信を持って、取り組めたことは大きな成果でした。

ーー自己肯定感は、転職活動を進めるうえでの土台になりますよね。トレーニング後半「転職活動のレクチャー」では、具体的にどのようなことをしていましたか?

主に面接対策です。よく聞かれる質問に答えられるよう、何度も何度も練習につきあっていただきしました。何を質問されても自分だけでは表面的な回答しか出てこなかったのですが、トレーナーさんにより深く掘り下げてもらえて、アピールに具体性が増したことは、面接を突破できた大きな理由かなと。

画像2

自分の考えを言語化するのがこんなに大切だとは思いませんでした。
これまで不安や悩みを頭でぐるぐる考えてきたため、なにか悩んだときも糸口が見つけづらかったのですが、自分の考えを文字にすることで「本当に考えるべきこと」がクリアになりました。自分を客観視したり、プラス思考ができるようになったのも、自分にとっては大きな変化でした。

自分のキャリアを自信を持って話せるようになった。POSIWILL CAREERを使ってみた感想

ーーPOSIWILL CAREERのトレーニングを2ヶ月間かなりしっかり受けてくださいましたが、振り返ってみての感想を教えてください。

トレーナーさんが桁違いに親身になってくれるところや、距離が近いところも孤独な転職活動の大きな支えでした。
「コーチング」はユーザーとコーチの間に少し距離があるイメージなのですが、POSIWILL CAREERは距離がすごく近いな、と思っていました。


ーー「距離が近い」と感じたのは、具体的にどのような時ですか?

たとえば、一度転職活動が長引いて、気持ちが停滞してしまった時に、岡さんに叱咤された時です。

一瞬「お金払っているのに怒られるの?」と思ってしまったのですが(笑)、おっしゃる通りいつまでもズルズルと転職活動していても決まらないと火がつきました。誰かがここまで親身になってくれる経験ははじめてだったので、自分のことを思って言ってくださったことが素直に嬉しかったです。
貯金がめっちゃあるわけではないですし、料金に関しても最初は悩みました。ですが、その投資額は最終的に自分に帰ってくると確信しています。


ーーちなみに、こういう話ってトレーニング前に話せましたか?

ちょっと難しかったかもしれないです(笑)。
自分の意見を自信を持って話すことが苦手だったので、トレーニングを通じて今堂々と話せるようになったのは大きいなと思います。

ーー今はコロナの影響もあり「未経験の転職ができるのか不安」「スキルがないからキャリアチェンジしたいけど踏み出せない」という方も多くいらっしゃいます。最後に、yutaさんから応援メッセージがあれば教えてください。

私が会社に評価していただいたのは、人と今まで触れ合って仕事をしてきたことや人間関係の形成ということだったので、コロナ禍や未経験でも自分の強みをアピールしていけば受かる会社は沢山あります!自信を持って、自分にとっての「いい会社」とのご縁をつかんでください!

嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️
「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」キャリアに特化したコーチング・サービスを運営しています🌈 プロのトレーナーがあなたの「理想の未来」の言語化と、「やるべきこと」の明確化を支援します。 https://posiwill.jp/career/