見出し画像

20代後半の異業種転職で、希望のIT営業職に。年収70万円UPするためにやったこと(インタビュー)

こんばんは!今回は、20代後半で建材営業→IT営業の異業種転職を実現し、年収を350万→420万にアップした「ゲキサポ!転職」ユーザーの あっきーさんの転職事例についてご紹介致します。転職を考えているものの、なかなか踏み出せない方々にとって非常に参考になる記事になっているので、是非読んでみてください!

===============================

運営:あっきーさん、本日は貴重なお時間ありがとうございます。よろしくお願いします!

あっきーさん:こちらこそ、よろしくお願い致します。

ーー今までのご経歴を含め、簡単な自己紹介をお願いします。

あっきーさん:はい。新卒で建材(人工大理石)を提供する会社の営業職に就職し、同じ会社に勤務し続けて、20代後半になりました。業務内容は、新規営業・既存対応・様々な業者さんとの調整など幅広く行っていました。9月に転職活動を終えて、今はIT企業の営業として働き始めています。本日はよろしくお願い致します。

ーーありがとうございます!
なぜ転職を考え始めたのですか?

あっきーさん:前職の職場ではいろいろやらせて頂いており、仕事にやりがいを感じていました。成果も結構評価されていて、社内のポジションには満足していたのですが、新卒で入ってそこから給料がほぼ上がっていないのがネックでした。何年か働いていると自分の上司の給料もある程度わかってくるのですが、それを知った時「夢がないな」と思ってしまいました。このようなモヤモヤを抱き始めてからも、しばらくそのまま働いていたのですが、今年の2-3月に初めて目標数値の未達を出してしまい、それをきっかけに社内の自分に対する評価がガラッと変わったのを感じて、お互いに不信感を抱いてしまったのをきっかけに本格的に環境を変えるために動き始めました。

ーーなるほど。
ちなみに年収はおいくらだったのですか?

あっきーさん:350万円でした。周りの友人は大体450~500万くらいは貰っていて、それと比較すると低すぎるように感じました。それで年収査定サービスを使ってみたのですが、その結果を見て「もっと年収を上げられるはずだ」と確信を持つようになりました。

ーー環境を変えるために最初にやったことは何でしたか?

あっきーさん:転職活動を実際に始める前にまずは自分についてもっと理解したいと思い、そうだんドットミーのリアル相談会に参加させていただきました。そこで「自分は何を実現したいのか」を明確にしたところ、その実現のためには、やはりもっと高い年収が必要であることが自分の中でより鮮明になりました。これが転職活動を本格的に始まるきっかけになりました。

ーー「ゲキサポ!転職」についてもイベントで知られたのですね。ゲキサポはどのような印象でしたか?についてもイベントで知られたのですね。ゲキサポはどのような印象でしたか?

あっきーさん:はい、イベントで知りました。内容は素晴らしいなと思ったものの、金額は決して安くはないので、躊躇したくなる気持ちもありました。しかし、将来の年収の上がり幅を考えると安い投資だなと思い、申し込みを決めました。また、安くない金額は「覚悟」を決める上でそれ自体にも意味があると思いました。実際、払った金額を無駄にしないために最後まで転職活動を走り切ることができたというのもあったと思います。前に自分で転職活動をしてみた際はナーナーに終わってしまったので、「覚悟」を決めることの意味は大きかったなと思っています。

ーー転職活動中のエピソードで印象に残っていることがあれば教えてください。

あっきーさん:IT企業への異業種転職を志望し転職活動を始めた際に「第2新卒を過ぎての異業種転職は厳しい」とエージェントや様々な方から聞いていたものの、自分は高を括っていて「まあ自分は大丈夫だろう」と思っていました。しかし、そこでゲキサポのトレーナーを担当してくださった方に相談したところ、非常に現実的なご指摘をいただき、目を覚ますことができました。「無理だよ」と言うだけなら誰でもできますが、トレーナーの方は「この歳の異業種転職は難しい」という現実を認識させてくれた上で、具体的で現実的な突破口を一緒に考えてくださいました。その結果、全通とは行かなかったものの20社ほど希望業界の書類選考を通過することができ、最終的に素晴らしいオファーを獲得することができました。

ーー素晴らしいオファーとはどのようなオファーだったのですか?

あっきーさん:志望のIT業界・営業職に就ける上に、年収を70万円もアップすることができるものでした。今後の給与の上がり幅の違いも考慮すると額面以上の差があると思います。
ひとつの企業に留まることを目標とせず、まずはIT業界への第一歩として新しい職場で成果を上げられるよう努めようと思います!

運営:異業種転職で年収70万円UP!凄まじいですね。あっきーさん、さすがです!

ーー他にゲキサポを使ってみて、良かったところと悪かったところがあれば教えてください。


あっきーさん:良かったところは大きく3つだと思います。
まず1つ目は、メンターが常に伴走してくださったので、自己肯定感を保ったまま走り続けることができたことです。やはり異業種転職をするとなると選考で落とされることもたくさんあります。その際に転職活動を一人でやっていると「自分が人間として成っていないのではないか」と自己嫌悪に陥ってしまうことがあると思います。しかし、ゲキサポのトレーナーの方は励ましてくれるだけでなく、現実的なやり方を常にアドバイスしてくださるので、「自分の人間性ではなく、やり方がいけなかったのか」と認識することができ、スピードを落とさず改善をたくさん回すことができました。

2つ目は、模擬面接の回数をたくさんこなせたことです。エージェントでも模擬面接をやってくれることはありますが、他にもたくさんのお客さんを抱えていらっしゃるので、一人当たり使える時間が限られていて、体感多くて月1回といった印象です。しかし、ゲキサポでは、こちらが直接お金を払っているということもあり、週に何回も模擬面接にコミットしてくださいました。模擬面接の精度も非常に高く、やる前とやった後を比較すると本番の話せる度が全然違うように感じました。


3つ目は、30万円という安くない金額を払うことで覚悟を決められることです。先程もお話しましたが、自分は以前、覚悟が足らず転職活動をナーナーに行い挫折してしまった経験があります。しかし、ゲキサポに安くない金額を払ったことにより、「この機会をモノにしなくては」というある種の主体性が芽生えたように感じました。結果、最後までトレーナーの方を積極的に活用して走り抜くことができました。


悪かったところは、個人的に何も特に感じませんでした。すみません。

ーーありがとうございます!
では最後に、転職を終えてみて得た気づきがあれば教えてください。

あっきーさん:転職をやりきってみて「疑問をもったら、長い間様子を見ずに動き始めるべき」だなと感じました。自分は疑問を感じ始めてから行動を始めるまで1年以上の期間をかけてしまいました。今は自分の望む転職を決めることができたので後悔はしていませんが、もっと早ければ掴めた機会はもっとあったなと感じています。異業種転職も第二新卒の時に動き始めていたら、もっと簡単に決められたかもしれません。自分は今の仕事のやりがいと上司からのプレッシャーがあり転職に本腰を入れられませんでしたが、後者の「上司からもプレッシャー」は意外に簡単にクリアできることがあると思います。自分も転職の旨を伝える際に厳しく詰められるだろうと思っていましたが、案外あっさり了承を得ることができました。なので、あまり恐れずに「疑問を感じ始めたら早めに環境を変えるために動いてみる」というスタンスを持って動いてみることで、より多くのものが得られる思います。

運営:二の足を踏んでいる時間、もったいないですよね。私たちも、より多くの人が覚悟を決めて一歩踏み出す支援をしていきたいと思います!本日は貴重なお時間ありがとうございました。

あっきーさん:ありがとうございました!

===============================

ここまでお読み頂きありがとうございます!
現在「ゲキサポ!転職」では、転職活動を始めている方、直近で始めるか迷っている方向けに無料相談を実施しております。

▼無料相談の申し込みは「ゲキサポ!転職」のHPから

「環境を変えたいけど、どうしたらいいかわからない」という悩みを持っている方がいらしたらぜひ無料相談にお越しください。

皆さまが環境を変えるお手伝いをできることを楽しみにしております^^

それでは、また~^^




嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️