ポジウィル 公式note
「輝かしいキャリアになるからやりたいの?」を問われて入社。エンジニアが挑戦する「信じて突き進む」組織のグロース
見出し画像

「輝かしいキャリアになるからやりたいの?」を問われて入社。エンジニアが挑戦する「信じて突き進む」組織のグロース

ポジウィル 公式note

こんにちは!ポジウィル広報です。

現在ポジウィルでは、今後の事業拡大に備え、ミドルマネージャーの採用を強化しています。

本記事では、ポジウィル1人目のエンジニアとして入社し、マネジメントや組織開発を兼務する斉藤健太さんにインタビュー。エンジニアやマネージャー、CTOなどのポジションもない中で、どのようなプロセスで入社を決めたのでしょうか。ポジウィルにおけるミドルマネージャーの役割に触れながら、斉藤さんの働く姿勢に迫りました。

「輝かしいキャリアになるからやりたいのか」「本心からやりたいのか」納得感を持って進めたキャリア

——ポジウィルとはどのようにして出会われたのでしょうか。入社の経緯をお伺いさせてください。

ポジウィルとの出会いは、実は無料カウンセリングだったんですよ。

面談を担当してくれた岡さんに「めいさん(代表・金井芽衣)と話してほしい」と繋いでいただいたことを覚えています。

めいさんからは「ポジウィルでもエンジニアを探しているんだけど、まだプロダクトも未完成だし、社員も少ないから、なかなかオープンには募集できていない」というお話を経て入社したのが大きな流れです。

——無料カウンセリングに申し込んだきっかけはなんだったのでしょうか?

前職の(株)ウエディングパークで入社4年が経った頃、漠然とエンジニア組織を作る立場で仕事がしたいと考えるようになりました。

前職では、「既に確立された組織を安定させていく」マネジメントをたくさん学ぶことができたのですが、基礎をつくった上で、0→1に挑戦したい気持ちが強くなっていきました。

また、当時は CTO養成講座に通っていたこともあり、「経営×技術」の領域に挑戦したいという気持ちも強くなっていましたね。

画像1

「組織だけでなく、エンジニアリングとして事業に貢献できるエンジニアになりたいと思ったんです。CTOの経験はすぐに詰めるものではないので、体系的に学びたいと思い、自己投資を兼ねてCTO講座に通っていました」

そんな自分のキャリアについて社外からの客観的な意見を聞きたかったタイミングで、たまたまTwitterでポジウィルを知ったんです。「へえ、こんなサービスあるんだ」と。すぐに無料カウンセリングに申し込んだ記憶があります(笑)。

——無料カウンセリングはどうでしたか?

印象的だったのは「「0→1で組織を作ってみたいという気持ちはそもそも何を根源として生まれているのか?本心で思っているのか?」と問われたことです。エンジニア→エンジニアリングマネージャー→CTOへのキャリアアップはありがちな路線ではあるので、その定石に「輝かしいキャリアになるからやりたいのか」「本心からやりたいのか」を問われました。

気持ちを言葉にしたことによって、納得感をもってキャリアを前に進めることができた感覚があります。キャリアのつながりも綺麗だし、本心としても一致している。それが腹落ちできたことが、無料カウンセリングでの一番の収穫でした。

——なぜ、組織づくりがやりたいと「本心から」思えたのでしょうか?

前職で部下を持った時、自分の接し方ひとつで、その人のキャリアや人生が変わる実感があったんです。その瞬間から、「人の成長を近くで見られる」「思い入れのある人が増えていく」仕事が楽しい、より深めていきたいと感じるようになりました。

闇雲に「マネジメントがやりたい」と、手段に憧れていたわけではありません。あくまで「この原体験を深めるには、マネジメントという手段が最適だ」と辿り着いたんです。

その後、岡さんを介してめいさん(代表・金井芽衣)と話す会をセッティングしてもらい、どんな事業をつくっているのか話を聞きました。エンジニアとしてじゃなくても、カウンセリングでもトレーニングでもやる覚悟で入ると話した後、「もし一緒にやるなら、こんな可能性があるね」といった会話を交わし、組織を作る軸でキャリアを進めていくことになったんです。

当時はエンジニアとしてのポジションや、マネージャー、CTOなどのポジションもない中でしたが、キャリアパスに関して迷いはなく、あとは「それをポジウィルでやるのか?」というところだけでしたね。

——数ある選択肢の中でポジウィルを選んだ背景を教えてください。

僕の場合は、事業内容への共感でした。

マネジメント業務に従事するなかで、「人が成長していく過程において誰もが持つ悩み」がキャリアの悩みであることに気づいたんです。

たとえば「今この会社にいてスキルが身につけられる?」とか。たくさんのエンジニアやマネージャーと交流する機会がありましたが、僕の体験上、8割ぐらいの方がそうでしたね。

僕がこの狭い世界で生きているだけでも、これだけの割合でキャリアに悩んでいる。それだけで、社会に必要な領域だと容易に想像できました。

実際に無料カウンセリングで大きな収穫があったこともあり、POSIWILL CAREERという事業を盛り上げていきたいと思えたことが、入社の決め手でした。

目指すゴールは「濁りのない事業」

——ポジウィルでは現在「ミドルマネージャー」の採用を強化しています。キャリアパートナーを中心にマーケティング、CSなど各チームごとに募集していますが、募集の背景を改めてお伺いしたいです。

組織の急拡大に備え、組織全体としてチーム形成をする必要が出てきたからです。

——「経営層と同じ目線で引っ張れる」とは、ポジウィルの場合どのような意味になってくるのでしょうか。

主観ですが、ポジウィルは”管轄範囲に対しては信じて任せてくれる組織” というイメージがあります。しかしその前提として、「人として信頼できるか」に重きをおいている印象があります。「すごくスキルが尖っている」というより、常識がある、人を思いやれる、といった人間性が高い人。人の事業なので、当たり前ではあるのですが。

——「人として濁りがないか」は社内でも重視されていますよね。

逆に濁りがあると、そのギャップを埋めるのが辛くなってしまうんじゃないかと思っています。その行動は道徳的か、社会的に意義があるか、そういう視点で物事を捉えられる目線が、「経営と同じ目線」の答えになると思います。

画像2

あとは、上司の顔ではなく、ユーザーさんの顔を思い浮かべて意思決定できる人と一緒に働きたいですね。「自分の意志で、ユーザーさんに価値提供したいと純粋に願える人」。それは数字の達成という意味だけではなく、本人の思いとして純粋に願える人という意味です。

——「どう生きたいか?」を問うサービスなだけに、「自分の意志で決めたかどうか」を重視するカルチャーが強そうです。

そうですね。僕が経験した2社と比較しても、「あなたはどう思うの?」を暗に問う文化は際立って強いと思います。失敗したから怒られるというより、選んだ理由が不透明だったりする方が怒られるイメージです。

結局そこは、事業柄ですよね。自分自身の意思決定が曖昧なのに、他の人の意思決定を支援する企業で仕事をするのはナンセンスかなと思います。ユーザーさんの意思決定に加担する責任をどれだけ負えるか。そんな人間性は、「濁りのない」事業づくりにもっとも必要なことではないでしょうか。

正攻法はない。「本当の意味での0→1」をサバイブする使命感

——「ミドルマネージャー」という役割の具体的なイメージについてお聞かせください。

入社後は、経営とメンバーの翻訳機能としての役割を担いながら、チーム作りを担っていただきたいと考えています。

ただ、弊社の場合は、役員やマネジメント層であれ、現場から信頼を得られることを重要視している社風なので、現場もある程度経験しながらチームを作っていくことが最初のミッションになります。言い換えれば、大手企業など「すでに確立された組織内でのマネジメント」とは乖離があるかもしれません。

——チームを作っていくうえで、どのようなメンバーが多いとお考えですか?

他の記事を見てくれるとわかるのですが、この事業を本気で必要としてくれているメンバーが多い環境です。自分がいいと思ったものを信じる力が強いという意味では、素直すぎて心配になるくらいです(笑)。

次に経営陣は、謙虚な人が多いと思います。実績を積んできた方々であるにもかかわらず、高圧的な雰囲気は一切なく、フラットにアドバイスをいただける環境です。仕事はめちゃくちゃ進めやすいですね。

最後に代表は、メンバーからすれば、最近人数が増えて接する機会が減ったとは思うんですけど、ふとして会った時のめいさんはずっと変わらないめいさんです。謙虚だし、芯がある。誰に対しても同じ態度。そんな印象が強いです。

画像3

2021年11月に行われた全社決起会(※撮影の為マスクを外しています)

——「信じて突き進む」まっすぐなメンバーが多いポジウィル。そのカルチャーは、どれだけ組織が大きくなろうとも絶やしたくないなと思います。そのために、自分自身もまっすぐな存在であらねばなと思いました。

事業に対して高いレベルで情熱を持っている人がたくさんいるからこそ、「思いを潰さないようにしないと」という使命感を持ちながら仕事に向き合っています。

せっかくいい事業だからこそ、経営・事業・マネジメント視点においては、社会の動きをみつつ爆速で事業を前に進めなければ、生き残りをかけてという意味でも、まだまだ安定しないなと思っています。

「自分のキャリアを第三者に相談する」という概念が確立しない日本で、どうポジウィルを浸透させていくか。そこはポジウィルという船に乗る上で一番の難題です。しかし言い換えれば、競合がいるわけでも、正攻法が確立されているわけでもありませんので、本当の意味での「0→1」に参画できるのは魅力的なキャリアパスです。

——最後に、読者に向けて何かメッセージはありますか?

この記事がよいご縁に繋がれば嬉しいなと思いつつ、ご自身のキャリアを前に進めるきっかけとしてカウンセリングも体験いただけたら嬉しいです。

僕も一年前は悩んでいた人なので(笑)、「行動することによって1年後変わるんだな」と思ってくれたら純粋に嬉しいですね。

現在はキャリアパートナーチームのミドルマネージャーをメインで募集してはいますが、最終的には社内の全チームでミドルマネージャーが必要で、最終的にはマネジメントチームも作っていく予定です。そんな未来にワクワクする方はぜひ、何かしら接点をもってお話できたら嬉しいです。

★ポジウィル株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
★POSIWILL CAREERでは、キャリアの無料相談を実施しています。
「5年後、10年後のことを考えると不安」「転職などキャリアについて誰かの意見を聞きたい」そんな方はまず、無料相談でカウンセラーと一緒にお悩みの言語化から始めませんか。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️
ポジウィル 公式note
「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」キャリアに特化したパーソナル・トレーニング『POSIWILL CAREER』を運営しています🌈プロのトレーナーがあなたの「理想の未来」の言語化と、「やるべきこと」の明確化を支援します。 https://posiwill.jp/career/