見出し画像

自己分析はなぜ必要?それは面接に通過するため以上に、自分の人生のため

この記事は、Youtubeの書き起こしです。

こんにちは、ゲキサポ!キャリア編集部のDAIです。ここ最近、ゲキサポ!キャリアのユーザーさんから、

・「自己分析がすごい苦手」
・「なぜ自己分析をする必要があるのか」

という声を頂きます。

そこで今回は、

・ 自己分析はなぜ必要なのか
・ 自己分析はどうやるのか

について、ゲキサポのトレーナー佳織さんを交えて解説していきたいと思います。

画像1

池本 佳織。大阪出身。立命館大学法学部卒。ポジウィルでは、女性をメインにゲキサポ!キャリアのトレーナーを担当している。

ーーさっそくなんですが、なぜ自己分析が必要なのでしょうか。

佳織:自己分析をしないと、自分で自分のことがわからないから、

①面接で受かりにくくなる
②満足いく企業に入社できない

という状況に陥ります。なので、自己分析は重要なんですよね。

自己分析ができないと、面接で受かりにくくなる理由

ーーなぜ自己分析ができないと、面接で受かりにくくなるんですか?

佳織:面接でも、自分自身のことが分からなければ、企業に自分の魅力や強みを伝えられないですよね。そうすると、どうしても面接でも受かりにくくなります。面接で根掘り葉掘り聞かれても、自分でも何を言っているのかが分からなくなってしまうこともよくありませんか?

だから自己分析して、自分のことをしっかりと知っておくことは、とても重要なんです。

自己分析ができないと、満足いく企業に入社できない理由

ーーなるほど。何も言うことがないと頭が真っ白になりますよね。

佳織:あとは、もし面接がうまくいって、内定をもらえたとしても、自分にとって大事なものだったり、自分の判断軸ができていないまま転職した結果、自分に合っていない間違った選択肢を選んでしまうことがあります。その結果、不本意な短期離職になったり、せっかく転職したのに、後悔してしまうことが多いです。

ーーなるほど。自己分析は面接でも、その後の人生を決めるうえでも重要なんですね。でも正直、転職活動ってどういう風に自己分析をすればいいか分からなくなりますよね。僕なんか自分のことを分析をしているうちに、余計自分のことがよくわからなくなってしまって、新卒の就職活動の時に迷走したことがあります笑

佳織:めっちゃわかります笑

ーーどうやったらいい自己分析ができるようになるんですかね。


自己分析のステップ① 現状把握

佳織:自己分析は、ポイントがいくつかあります。まずは現状把握からですね。

ーー現状把握って何を見ればいいんですか?

佳織:現状把握では、今の選択肢をいろいろな観点から見ていって、その観点に対する自分の感情を掘り下げていって、違和感があるところはどこかを見つけたり、どこから解決していくのかを考えていきます。

ーーん~分かったようでわからないような。例えば、例を挙げるとどんな感じですか?

佳織:例えば、今の仕事がキャリアアドバイザーだとします。仕事はすごい楽しいし、やりがいはあるけど、どうしても、夜の面談がつまりすぎて辛い。そこで自分がモヤモヤしているんだな~ていうのを感じたとします。その場合、多分働き方がネックになっていて、スキな仕事を続けられないくらいになってないくらいの感情になっていいます。こんな感じで、「何が嫌で転職を考えているのか」を言語化していきますね。

自己分析のステップ②理想を明確にする

ーーなるほど。自分の現状把握が終わったら、何をすればいいんですか?

佳織:現状を把握できたら、次は理想を明確にしましょう。「なりたい自分を考える」ことが大事です。

自分が将来どうなっていたくて、どんな仕事、どんな働き方、どんな生活をしていきたいのか、いくら稼いでいたいのかを考えていって、深く自分の中の理想をつきつめていきます。そして、現状とその理想のギャップをどこから埋めていくかを、自分でも考える必要があります。

なんでそこにギャップがうまれているのか、なんで私はこの理想を望むのかということは、過去の掘り下げから結構答えが出てきます。

ーー過去の掘り下げって何ですか?

佳織:幼少期の本当に小さい時から掘り下げます。自分はどういう子どもだったのか。小学校中学校、高校、大学に成長するにあたって、変化していくものだと思います。その時に、何を思ってどんな意思決定をしたのかを、言語化するとよいでしょう。

自己分析が、なぜ面接に効くのか

ーー「幼少期、私はこういう性格でした」、ということが見えた時に、転職活動だとどういう風に使えるようになりますか?

佳織:「自分のなぜそうなりたいか」とか、「なぜそうなれていないのか」は、過去の自分の決断からわかるので、説得力を身に付けられます。

自分自身を納得させられると、過去の分析は説得力をもらたせることができます。今までの経歴から未来まで、自分をちゃんと描けていて、そこに納得感をもっていることで、面接官に何を突っ込まれても、結構返せるというか、どんな突っ込まれ方をしてもぶれないので、企業側も判断しやすいです。企業分析もしっかりできていれば、すっと通ります。

ーーなるほど。他に自分のことを知るために、どんなことをやればいいですか?

佳織:それは、自分の得意とスキを見つけることですね。

ーー得意とスキ...難しいですよね。どうやって見つければいいんですか?

佳織:自分の「得意」とか、「スキ」を見つけられる質問項目があって、それは

それを自分に問いかけて考えることで、結構自分の特技がわかったりするんです。

・「無意識にやっていることなのに、周りから褒められることってなんですか」
・「ずっとやっていても、苦にならない仕事ってなんですか」

ですね。

それが自分で分からないときは、友達とか、周りに、「私のいいところってなんだと思う?」とか、「特徴ってなんだと思う?」とか聞いてみて、咀嚼すると、自分のよさとか特技とかわかると思います。

スクリーンショット 2020-06-15 19.36.51

ーーなるほど、僕も過去に自己分析をしていて、「やりたいこと」と「できること」があるとおもうんですよ。僕エンジニアやりたくて、アプリ作っていたんですけど、今思うと明らかに向いていなかったと思ってて。

佳織:そうなんだw

ーー別の仕事で今マーケティングをしていますが、そっちはそんなにやりたいことじゃなくて、ただできることで、いろんな人に感謝されるようになってよかったなぁと思っています。意外と自分が向いていることって、自分だけだと分からないですよね。

佳織:めちゃくちゃわかります。

ーー一人で自己分析してても、自分の強みが当たり前すぎて気づかなかったんですよね。ただ、一緒に働いている人に聞いてみると、「ここすごいよね」みたいなことを言われて。自分の中の別にすごいとは思わなかったから、言語化できてなかったんです。やっぱり、自分の中ですごいところを見つけるのとか、頑張れるところを見つけるのって、意外に当たり前化していて、分からないですよね。



一人で自己分析をしているけど挫折しそうな方へ

自己分析をしているのに、よけい自分のことがよくわからなくなってくることはありませんか?
実際、自分の強みや、やりたいことは、一人で考えていると気づかないことは多々ありますよね。

・転職をするかどうか迷っている
・自分の強みややりたいことが見つからない
・面接でうまく自分をアピールできない

という方は、ぜひ一度ゲキサポ!転職の無料相談に参加してみませんか?

以下のフォームから、30秒から日程調整できますので、ぜひご応募ください!そうですよね、わからない。

スクリーンショット 2020-06-15 17.39.29

人から突っ込んでもらわないとなかなかわからないですよね。だから友達にきいてみたりすることが重要だと思っています。

人に聞かないと分からないことがたくさんあるし、聞ける人も限りがあるので、自己分析に困ったときこそ、ぜひポジウィルのゲキサポを利用してもらえると嬉しいです!



嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️
5