見出し画像

その悩み、本当に転職だけで解決できますか? 大手人材広告の営業職→部署内での異動で成功!【卒業生体験記】

「上司に「もっと売ってこい」などと言われ、仕事が辛い。いつの間にか全く自分に自信を持てなくなってしまった・・・。」

そんな悩みを抱えている営業職の方も少ないくないのでしょうか。今回のインタビューでは、転職ではなく部署内の異動とPOSIWILL CAREERの利用によって悩みを解決したPさんの体験談をお届けします!

上司との相性や日々の営業活動に関して悩み、一度は転職まで考えたPさん。転職せず現職に留まると決めた変化についてお話ししていただきました!

「しばらく耐えれば、状況は好転する」は間違いだった。

ーーPさんこんにちは!まずは経歴などの簡単な自己紹介をお願いします!

こんにちは!私は大学受験に失敗していたため、浪人を経て都内の大学に進学しました。3年間ほど在籍しましたが、経済上の問題もあり中退。2年間のブランクを経て、25歳で大手広告人材会社へ新卒として高卒枠で就職しました。

スクリーンショット 2020-11-20 11.32.53

ーー大学中退後、就職までの2年間は何をされていたんですか?

1年目は大学時代に知り合った友人と、学習塾の起業を計画していました。2年目は就活と長期インターンをしていました。

ーーそこからなぜ現職へ?

実は起業活動スタートから4ヶ月で、その友人と仲違いし、ひとりになってしまって。その後は個人で家庭教師などをやっていたのですが、利益は上がらないままでした。加えて祖母が倒れる不幸も重なったんです。病床で眠っている祖母の姿をみて、「自分はこのままでいいのか」と危機感を感じ、就職を決意しました。

ある日訪れた合同説明会で、現職の人事の方とお話をさせていただき、その会社に就職しました。法人向けの求人広告媒体の営業職です。

ーーそこから転職を考え始めたきっかけはなんだったんですか?

入社2年目の2019年4月の人事異動で上司が変わり、仕事が苦痛になっていったんです。新しい上司とは相性が合わなかった上、もちろん僕自身の実力不足が大前提としてありますが、数字の詰めがかなり厳しい方でして、ダメ出しをされ続ける毎日でした。

ダメ出しを受け続けることで「自分は役に立たない存在なんだ」「自分は迷惑な存在なんだ」そんな風に毎日思っていました。休職を経験した知人に休職の方法や休職中の過ごし方までも相談し「休職して転職」を本気で考えたのですが、自分の経歴的にも経済的にも、一旦現職に残った方がいいと考え、ギリギリのところで休職を踏みとどまりました。

「もう少し耐えれば、きっと状況は好転するのではないか。もう詰められることはなくなるのではないか」とも当時の自分は信じていましたが、あのままいっても、多分状況は好転しなかったと思います。

ーーその後は転職は考えなかったんですか?

しばらくしてまた転職を考え始めました。しかし、これから転職までの数ヶ月間を現在の部署で過ごすのは厳しいと感じ、部署異動願いを出しました。
異動後に本格的に今後の人生について考え始めた時、Twitterで募集していたポジウィル代表・金井さんの個人キャリア相談を利用して、そこから「POSIWILL CAREER」の利用を決意しました。

ーー「POSIWILL CAREER」は約45万円と決して安くないサービスですが、それでも利用しようと決意できた理由はなんだったんですか?

2つ理由があります。

 1つ目は、金井さんとの個人キャリア相談の際、親身になって僕の悩みを聞いていただけたからです。「一緒に人生を変えていこう!」と言われた時、「この人なら信用できる」と強く思いました。 また、金井さんの日々のTwitterでの発信内容をみて「この人が作ったサービスなら絶対大丈夫!」と思いました。

 2つ目は、「長期的に見れば、45万円というお金は高くない」と考えたからです。仮に、休職や仕事自体を辞めてしまうと、確かに収入は下がってしまいます。ですが、一時的には大きいと思える45万円を支払ったとしても、しっかりと転職準備をしてキャリアプランを固めることで仕事を長く続けられたり、年収がさらに上がる職場へ転職ができたりすれば、45万円は早々に回収できると考えました。

ーー転職を前提に「POSIWILL CAREER」を利用したものの、現職にそのまま残る道を選ばれたのはなぜでしょうか?

POSIWILL CAREER」を開始したのとほぼ同時期に、仕事で結果が出始めたんです。新しくできた企画の契約件数が課内で1位になり、ついには「○○といえば、P」と言われるようになりました。

異動先は自分のアイデアや考えを尊重してくれる環境だったので、自分で仮説を立て、それを試し、振り返って改善し、という環境が自分にとても合っていました。

仕事で結果が出ることで会社の中でも自分の居場所ができ始め、仕事も楽しくなり、徐々に「このままもっと成果を出していきたい。転職をしなくてもいいのではないか」と思い始めました。

スクリーンショット 2020-11-20 11.33.04

ーー転職が必ずしもゴールではなかったと言うことですね!プログラムの前半に行う自己分析では何が印象に残っていますか?

「他責だけでは前に進めない。あなたが戦っているフィールドを理解し、そこで評価されるためにどうすればいいのかを考えなさい」とトレーナーのちひろさんに言われたのは、今でもとても強く印象に残っています。異動前の環境では、自分がうまくいかなかった理由を心のどこかで「他責」で考えていた部分がありました。しかし、ちひろさんは僕の感情えを全否定する訳ではなく、現職に対する自分の思いもわかってくれた上での僕の背中を押すための本気のコメントでした。現状の不満を変えていく方法を考えないまま、あれこれ言ってもダメだと。この言葉はガツンと響きました。

ーー否定せず受け入れてもらった上で意見をくれる存在は、貴重ですよね。

ですね!自分の弱みに向き合うのはとても辛い作業でしたが、自分一人では向き合えないことも、ちひろさんのおかげで事実と感情とを分けて整理でき、少しずつ「できない自分」「もっとこうするべきだったこと」を受け止めていくことができました。

「成果を出したい」という自分の心の声にも気づくことができ、自己分析を通して、「まずは本業で何か結果を出す」というマインドに切り替わっていきました。そうして日々の仕事で徐々に成果が出始めていく中で、少しずつ自分にも自信が持てるようになりました。

ーー自己分析の大切さを痛感しますね! 後半部分ではどんなトレーニングを?

後半部分は、もうずっとちひろさんさんと日々の営業活動についての話ばかりをしていました(笑)。

ちひろさんは元々リクルートキャリアで拠点長をされていたので、僕の営業の仕事に直結する貴重なアドバイスをたくさん頂けました。前回の面談と比べて進捗があれば、とにかく報告していました(笑)。どんな些細なことでも自分を褒めていただいたおかげで、面談のたびに自己肯定感がどんどん上がっていきました。

スクリーンショット 2020-11-20 11.33.12

自分という人間の活かし方を知ることで、短期間で劇的に変われた

ーー「POSIWILL CAREER」のオススメポイントを教えてください!

まずは、とにかく親身に自分の最良の選択肢を一緒に探してくれるところです。「POSIWILL CAREER」は転職をゴールとするのではなくて、あくまで一つの選択肢としています。最終的に自分が納得する選択肢を自分自身で選ぶために、「今、何が苦しいのか。何に悩んでいるのか」をトレーナーの方が一緒に考えてくださいます。
ちひろさんが30歳の誕生日の夜ですら、僕との面談をしていただいたくらいで、その時は本当に感動しました。

それと、「POSIWILL CAREER」のトレーナーさんは、自分自身や経歴にどんなに自信のない人でも、否定せず受け入れ、寄り添って考えてくださることですね。
数ヶ月前にあんなにボロボロだった僕でも、みるみるうちに自信をつけて、お客様の前でも自信を持って提案ができるようになったのもそのおかげです。

ーー誕生日の夜にまで相談してくれるトレーナーがいるサービスはなかなかない気がしますね(笑)。では、「POSIWILL CAREER」を通して得た気づきを教えてください!

1つ目は、今の自分を絶対に諦めなくていいということ。どんなに辛い状況にいても、どれだけ結果が出せず自信がない状況でも、まずは一度自分の感情とこれまでの出来事とを整理してみることが大切です。そこから自分という人間の活かし方を知ることで、人は短期間で劇的に変われることを体験できました。

2つ目は、自分の苦しみは、いずれ誰かの助けになるということ。苦しみは、自分一人だけで完結するものではないことに気づきました。

3つ目は、受け身では絶対に変われないこと。僕の場合、異動前の辛かった日々はいくら耐えていても状況は変わりませんでした。

でも、大きく変わるのは勇気がいります。リスクもあります。それなら、まずは「相談」から始めてみるのも良いと思います。卒業した2ヶ月半後には、きっと今では想像できないほどの充実した日々と、劇的に変わった自分になっているはずです。


⭐️ POSIWILL CAREER 無料相談をしてみる ⭐️ 

キャリアに関する無料相談はこちらから受け付けています!漠然とした状態でもOK。経験豊富なカウンセラーがあなたのキャリアをフィードバックいたします🙆‍♀️



嬉しいです!どう生きたいか、でキャリアをきめよう☺️
14